本文へスキップ

80年代ジャパンヘヴィメタル

MARINO

メンバー写真
板倉ジュン(Dr)、吉田”レオ”隆(Vo)、大谷レイブン(G)、鎌田”Mr.カマダ”学(B)

アルバム
MARINO-1(デモテープ)1983年
A面
1.Step by Step
2.Impact
B面
1.Rising
2.Midnight Believer
BATTLE OF METAL(オムニバス・アルバム)
1984年2月1日発売
A面 マリノ 1.Impact 2.High Flying 3.Shake Down
SEXUAL
B面 ラジャス、ハリースキュアリー
TARGET(アルバム)1984年4月21日発売
A面
1.MIDNIGHT BELIEVER
2.IMPACT
3.OUTLAW
4.WEST LONG DITCH MAN
5.(I CAN DO) NOTHING FOR YOU
B面
1.I WANT YOU
2.TARGET
3.ROLL TO DEATH
4.STEP BY STEP
5.PANIC
6.RISING
グランド・メタル・ライヴ(オムニバス・ライヴ・アルバム) 1984年7月21日発売
A面 ラジャス、ブリザード
B面 本城未沙子、MAKE UP
C面 マリノ 1.TARGET 2.SHAKE DOWN 
   X-RAY
D面 44マグナム
TARGET−MARINO LIVE(ビデオ) 1984年8月21日発売
1.I WANT YOU
2.SHAKE DOWN
3.OUTLAW
4.DRIVE ME CRAZY
5.TARGET
6.BRAVE AS A LION
7.ROLL TO DEATH
8.STEP BY STEP
9.IMPACT
10.RISING
MARINOU(アルバム)1984年11月21日発売
A面
1.WELCOM
2.NOW IT'S THE TIME
3.TAKE YOU HIGTER
4.SINGER
5.FADE AWAY
B面
1.FALL IN LOVE
2.DANCING IN THE MOON LIGHT
3.STREAM OF TIME
4.JUST CAN'T STOP
MARINOV(アルバム)1985年7月21日発売
A面
1.Love Is Blind
2.Break
3.You Better Find Out
4.From All Of Us, To All Of You
5.Pretty At Night
B面
1.Brave As A Lion
2.Autobahn B9
3.Somebody
4.Station
HARD AND ROUGH(ミニアルバム)1985年12月5日発売
A面
1.Rising
2.Blave As A Lion
3.Somebody To Love
B面
1.Station
2.From All Of Us,To All Of You

年表
年月日 内容
1983年夏頃 デモテープ「MARINO-1」がライブで売られていた。「Impact」以外はファーストアルバムと歌詞が違っていた。また、アレンジも全曲違っていた。
1984年1月17日
〜2月11日
1stアルバム「ターゲット」のレコーディングを宝塚サウンズアトリエで行う。
1984年2月1日 オムニバス・アルバム「BATTLE OF METAL」発売。
1984年3月13日 大谷令文が、初ソロアルバムレコーディングのためロンドンへ出発。レコーディングはスコーピオン・スタジオで行われた。
1984年4月 ファーストアルバムレコーディングリポート  
1984年4月21日 アルバム「TARGET」発売。
メンバー他、RAJAS(Cho)、SEXUAL(cho)、Paul(cho)、BAN(cho)、森川邦子(cho)で参加。
1984年5月3日 「ヘヴィ・メタル・フェスティバルvol.2」に出演。会場:愛知勤労会館
1984年7月21日 オムニバス・ライヴ「グランド・メタル・ライヴ」発売。
1984年8月21日 ビデオ「TARGET−MARINO LIVE」発売。
1984年6月6日、渋谷・東横劇場で行われた、レコード・デビュー記念コンサートのライヴ・ビデオ。
1984年秋頃 ドイツレコーディングのエピソード。「ドイツの人たちは、みんな本当に親切で、うれしかったなぁ」と帰国後のマリノメンバーのコメント。スタジオでの食事は所有者で名プロデューサーのディーター・ダークス氏のお母さんの心のこもったドイツ家庭料理で、スタジオにいる人みんなで大きなテーブルに集まって食べた。肉料理、特にソーセージがすごくおいしかったらしい。ジョンは、ドラム・セットをむこうのタマの輸入代理店に借りたが、そこの若夫婦がいい人たちで、運び賃、レンタル料は受け取らず、セッティングも手伝ってくれて、いろいろな種類のシンバルも揃えて、何枚かジュンにプレゼントまでしてくれたそうだ。まわりの人たちも、「あのー、タバコ屋さんはどこですか?」と聞くと買ってきてくれるし、手紙を書いていると「出してきてあげます」、と。美しい風景と、人々の暖かさにジーンときた4人だったそうです。。
1984年10月10日 「JAPAN HEAVYMETAL FESTIVAL」に出演。会場:日比谷野外音楽堂
1984年10月18日 「JAPAN HEAVYMETAL FESTIVAL」に出演。会場:愛知勤労会館
1984年10月20日 千葉ダンシングマザースでライヴ。
1984年11月 ドイツレコーディングについて
1984年12月10日 大阪キャンディーホールでライヴ。
1985年2月 1984年12月10日のライヴレポート  
1985年2月 パート別毎日練習法おもしろカタログ マリノのメンバーページ    
1985年3月17日 ライヴ・ロック・ショウでマリノ特集。テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、ネットで放送。
1985年3月20日 マリノ・ツアー’85”ハード・アンド・ラフ” 大阪厚生年金会館中ホールでライヴ。
1985年3月28日 マリノ・ツアー’85”ハード・アンド・ラフ” 渋谷公会堂でライヴ。
1985年4月 RISING FORCE vs MARINO    
1985年4月20日 7月21日発売予定のサード・アルバムのレコーディングのために旧西ドイツに向けて出発。セカンド・アルバム「マリノU」と同じダークス・スタジオを使って制作される。
1985年4月21日 12inch Single 「HARD'N'ROUGH」 ワールド・ワイド活動に先がけて英語ヴァージョンを国内限定発売。
1985年6月 1985年3月28日渋谷公会堂ライヴレポ  
1985年6月 大谷レイヴンアンプ操縦術講座  
1985年7月 サード・アルバム「MARINOV(From all of us to all of you)」のレコーディングを終えて5/31に帰国した。ダークス・スタジオは2回目のためリラックスして取り組めたらしい。スコーピオンズがマリノへ書いてくれた曲も2曲ある。また、コーセーの男性化粧品「ダモン・ブレイク」のイメージ・ソングに新曲「Break」が選ばれ、6月末からTVCFでオン・エアされた(レコードの音とCMの音はちょっと違うらしい)。
1985年7月21日 アルバム「MARINO V」発売。
1985年8月 「MARINO V」メンバーが語るアルバムとレコーディング  
1985年8月25日 「ブレイク」ギターコンテスト締め切り。
1985年9月9日 TARGET TOUR'85(初のツアー。全国17ヵ所)
小倉IN&OUTでライヴ。
1985年9月11日 広島ウディ・ストリートでライヴ。
1985年9月14日 横浜7thアベニューでライヴ。
1985年9月15日 千葉ダンシング・マザーでライヴ。
1985年9月16日 藤沢BOWでライヴ。
1985年9月21日 札幌ペニーレインでライヴ。
1985年9月23日 仙台モーニング・ムーンでライヴ。
1985年9月25日 名古屋E.L.L.でライヴ。
1985年9月27日 神戸チキンジョージでライヴ。
1985年9月28日 岡山ビブレホールでライヴ。
1985年10月10日 「Japan Heavy Metal Festival Vol.5」に出演。会場:日比谷野外音楽堂
1985年11月10日 「15th ALL NIGHT FESTIVAL」に大谷レイヴンが出演。
1985年12月5日 ミニアルバム「HARD AND ROUGH」発売。
1985年10月10日日比谷野外音楽堂でのライヴ収録。
1985年12月 1年間の活動停止を決定。

このページの先頭へ
掲載している内容は、一部ロッキンfを参考にしています。一部画像もロッキンfから
お借りしております。