本文へスキップ

80年代ジャパンヘヴィメタル

X-RAY

メンバー写真
湯浅晋(G)、高橋和久(Ds)、藤本朗(Vo)、藤山高浩(Key)、臼井孝文(B)

アルバム
魔天〜HARD SECTION(アルバム)1983年6月21日発売
A面
1.Theme Of X-RAY
2.Lonely Guys
3.Foolish Boys
4.One Night Lady
5.Hard Section
B面
1.Sexual Urge
2.Come One
3.Dark Night
4.So Long Ramble
伝統破壊〜TRADITION BREAKER(アルバム)1984年1月21日発売
A面
1.Question
2.Go Against The World
3.Willful
4.Gamblin' Man
5.Damsel
B面
1.Power
2.Born To Die
3.Back To The Wall
4.Last Show Time〜I Wish You Every Happiness〜
OUTSIDER(ミニアルバム)1984年6月21日発売
A面
1.Theme Of X-RAY”U”
2.Singing Away
3.Love Game
B面
1.Bloody Love
2.Lady Ray
SHOUT!(アルバム)1984年12月5日発売
A面
1.STARDUST WAY
2.WAIT FOR TOMORROW
3.I'M IN YOU
4.TELL ME ABOUT YOURSELF
B面
1.TROUBLE MAKER
2.ANYDAY! ANYTIME!
3.BLACK HEART
4.STEALER
5.REFLECTION HIDE AWAY
愛のヒーロー〜We're Not Gonna Take It! (12インチシングル)1985年1月21日
A面
1.愛のヒーロー
2.オフ・スキャンダル
B面
1.POWER(ライヴ)
STRIKE BACK(アルバム)1985年8月21日発売
A面
1.DON'T LIE DON'T TOUCH
2.ROCK TONIGHT!
3.BURNIN' LIKE THE FIRE
4.TAKE A CHANCE
5.MAN IN BLACK
B面
1.LIER IN YOUR EYES
2.AMMY
3.IN A WARNIN'
4.I DON'T WORRY IT
5.YOU GOT THE WORLD
HUMAN DOG(12インチシングル)
1985年12月16日発売
A面
1.HUMAN DOG
2.FADE AWAY
B面
1.BURNIN'LIKE THE FIRE

年表
年月日 内容
1983年6月21日 アルバム「魔天〜HARD SECTION」発売。
1984年1月21日 アルバム「伝統破壊〜TRADITION BREAKER」発売。
1984年2月6日 湯浅さんの愛車(400ccのバイク。ホンダCB400)を盗まれる。真っ赤なボディタンクにはラウドネスのステッカーが貼ってあった。
1984年3月 このツアーからキーボードが加入し、5人編成となる。
1984年3月31日 瀬戸サクセションでライブ。
1984年4月 湯浅晋ギター紹介(新・オレの愛器集'84)
1984年4月 1日 名古屋ユッカでライブ。
1984年4月 3日 京都ビッグバンでライブ。
1984年4月 5日 大阪キャンディーホールでライブ。
1984年4月 6日 大阪キャンディーホールでライブ。
1984年4月 8日 神戸チキンジョージでライブ。
1984年4月10日 広島ウッディ・ストリートでライブ。
1984年4月18日 日本青年館でワンマンライブ。
1984年4月21日 札幌ペニーレーンでライブ。
1984年6月21日 ミニアルバム「OUTSIDER」発売。
このアルバムから東京のバンド、Readyからキーボードの藤山たかひろが参加。
1984年10月10日 「JAPAN HEAVYMETAL FESTIVAL」に出演。会場:日比谷野外音楽堂
1984年10月18日 「JAPAN HEAVYMETAL FESTIVAL」に出演。会場:愛知県民会館
1984年12月5日 3rdアルバム「SHOUT!」発売。
1985年1月10日 「HARD ROCK SOLDIE R'S WEEK」に出演。会場: 渋谷エッグマン (1/9杉本誘里、アルージュ 1/11片山圭司、橋本みゆき 1/12MAKE-UP)
1985年1月21日 12インチシングル「愛のヒーロー〜We're Not Gonna Take It!」発売。
1985年2月 パート別毎日練習法おもしろカタログ X-RAYのメンバーページ  
1985年2月 ハード・ロックまじ!1985年、ボクたちは飛ぶ! インタビュー   
1985年3月頃 1月29日、シンちゃんが、左脚を捻挫して、膝の関節の軟骨が裂けて血がたまるという災難にあった。しばらく大きなギプスをはめて、身動きのとれない状態だったが、経過はよく、ちいさなギブスにかわった。そのため、予定していたツアーのスタートは1ヶ月ほど延びた。ただしまだあと1〜2ヶ月は安静が必要と当時診断されていた。
1985年3月12日 大阪キャンディホールでライヴ。
1985年3月15日 富山もみの木ハウスでライヴ。
1985年3月16日 金沢VAVAN V4でライヴ。
1985年3月17日 福井WESTでライヴ。
1985年3月19日 新潟ウッディでライヴ。
1985年3月20日 松本コイケ楽器でライヴ。
1985年3月22日 前橋ラタンでライヴ。
1985年3月23日 前橋ラタンでライヴ。
1985年3月24日 宇都宮ザ・ライヴ・インでライヴ。
1985年3月26日 仙台モーニングムーンでライヴ。
1985年3月28日 青森ロキシーでライヴ。
1985年3月29日 八戸ジャミンでライヴ。
1985年3月31日 札幌道新ホールでライヴ。
1985年4月2日 帯広せんたく船でライヴ。
1985年4月3日 旭川スタジオ・ナインでライヴ。
1985年4月6日 藤沢BOWでライヴ。
1985年4月7日 木更津ヤンズでライヴ。
1985年4月8日 千葉ダンシング・マザーズでライヴ。
1985年4月9日 国立リバプールでライヴ。
1985年4月13日 静岡(予定となっていた)でライヴ。
1985年4月14日 瀬戸サクセションでライヴ。
1985年4月16日 名古屋ELLでライヴ。
1985年4月17日 豊川かごやはうすでライヴ。
1985年4月18日 浜松ホットレッグスでライヴ。
1985年4月21日 大津ロギンスでライヴ。
1985年4月22日 神戸チキンジョージでライヴ。
1985年4月24日 広島ウッディストリートでライヴ。
1985年4月27日 大分オーティスでライヴ。
1985年4月28日 小倉イン&アウトでライヴ。
1985年4月29日 熊本大谷楽器ペパーランドでライヴ。
1985年4月30日 博多ビブレホールでライヴ。
1985年5月1日 佐賀ガイルズでライヴ。
1984年5月3日 「ヘヴィ・メタル・フェスティバルvol.2」に出演。会場:愛知勤労会館
1984年5月4日 高知バズでライヴ。
1984年5月5日 徳島プラザでライヴ。
1985年5月9日 京都ビッグバンでライブ。
1985年5月12日 横浜シェルガーデンでライヴ。
1985年5月14日 新宿ロフトでライヴ。
1985年5月15日 新宿ロフトでライヴ。
1985年6月 全国ツアーを終え、6月中にニュー・アルバムのレコーディングを完了した。プロデュースもX-RAY自身、シン、オズマ、アキラが2曲ずつ、ロジャーとタカヒロが1曲ずつ、メンバー全員が曲を書いている。
1985年7月 日本のメタル&ハード緊急発進  
1985年8月21日 アルバム「STRIKE BACK」発売。
1985年9月16日 プロモーション・ビデオの撮影が終了した。曲はニューアルバムのA面1曲目。内容は横浜埠頭倉庫でのイメージものととライヴ。
1985年11月24日 「新星堂アマ・バン・コンテスト」にゲスト出演。会場:栃木会館大ホール
1985年11月 キーボードの藤山高浩が脱退。
11月27日のキャット・シティのライヴで、メンバーから「やめてもらった」という発言があったが、真相は違うらしい。タカヒロのほうがレコーディング直前に、元子供ばんどの谷平コーイチのバンドのライヴ・ツアーに参加。遠征先から、脱退の意を伝え、それをメンバーが承諾したらしい。なお、12インチシングルと予定されているライヴは、オズマの旧友である藤井良明(当時:フレックス)が担当。
1985年12月16日 12インチシングル「HUMAN DOG」発売。
1985年12月26日 「Heavy Metal Days vol 4」に出演。会場: 浦和市文化センター(小ホール)
1986年1月27日 芝郵便貯金ホールでライヴ。
1986年2月3,4,5日 大阪キャンディーホールでラストライヴ。
1986年2月 解散。
1986年4月 オズマ(臼井孝文)が、活動再開。ニューグループ結成のため、サミーヘイガーを軽く歌えるVo.と、コージー・パウエル真っ青のDs.を募集していた。

このページの先頭へ

掲載している内容は、一部ロッキンfを参考にしています。一部画像もロッキンfから
お借りしております。